インポテンツを回復へと導く

男性の体の悩みで常にトップクラスにランクされるのがED(勃起障害)である。

心身ともに大きな影響を与え深刻な問題となっている。

けれども医学の進歩のお陰で日本では「バイアグラ」1999(平成11)年に発売された。

続いて2004(平成16)年には「レビトラ」2007(平成19)年には「シアリス」が発売された。

このようなED治療薬は勃起不全に悩む男性たちに大歓迎された。

いずれのED治療薬も病院で診断をうけ処方される「医療用医薬品」になるから薬局やドラッグストアで入手することはできない。

これらのED治療薬は「PDE-5阻害薬」と呼ばれている。

PDEとはホスホジエステラーゼの略称だ。

ペニスが勃起するのは「視覚」や「聴覚」や「触覚」などの性的刺激が脳に伝わることから始まる。

脊髄を通してペニスの勃起神経に性的な情報が伝達されることで勃起するのだ。

その際に欠かすことができないのが一酸化窒素(NO)である。

一酸化窒素は、細胞内の環状グアノシン一リン酸(cGMP)の量を増やすことでペニスの筋肉を弛緩させて海綿体に大量の血液を流せ込ます。

けれども問題は勃起する前にPDF-5が発生してしまい細胞内のcGMPを分解してしまうことだ。

そういなると海綿体に血液が流れないので勃起しないわけである。

ED治療薬はPDE-5がcGMPを分解するのを防御してインポテンツを回避してくれる。

2014年にはバイアグラの特許が切れるので近い将来、厚生労働省がバイアグラのジェネリック医薬品を認可するような話もある。

ジェネリック医薬品は「後発医薬品」とよばれ、先行薬と同じ有効成分があり同様の薬効が期待できお値段はとても安いのが特徴だ。