EDの特徴について

勃起不全(ED)の特徴は次のようなものがある。

1番目はSEXをする場合にペニスが充分に勃起せずSEXの満足が得られない人だ。

2番目はSEXの前になっても75%以上の確率でペニスが勃起しない人だ。

3番目はSEXの最中でもペニスの勃起状態を維持することができない人だ。

性的な刺激を受けて脳が興奮状態になると神経に信号が送られてペニスの動脈が広がる。

ペニスの海綿体がその血液を取り込むことで大きく膨らみ勃起状態になる。

ペニスの勃起には「血管」や「神経」と深い関係があるということだ。

EDの場合は、神経のどこかの部分に障害があったり、血管の広がりや血流が不十分であったりが原因となりペニスが勃起しなかったり、勃起状態を維持できなかったりするのだ。

ある調査機関のアンケート調査によると成人男性の25%は「中度から重度のED症状がある」とのデータが報告された。

重度の勃起障害だけでも先進国では人口の10%の成人男性がEDに悩んでいると言われている。

これに加齢の条件がつくと勃起不全の症状を訴える男性の割合は増えてくるだろう。

こういった潜在的な需要があるので医薬品インターネット通販サイトでED治療薬を購入する人が増えているのである。

ところでED(勃起不全)とSD(性機能障害)と同じと誤解がある場合もあるがEDはあくまでもSDの一症状に過ぎない。

不妊治療においては「人工授精」という方法もあるのでEDは男性不妊症とは認められていない。