圧倒的な差が生まれている現状について

最近みなさんインターネットをやっていると、ちょっと気になるサイトを見付けることもありますよね。

医薬品を扱う薬販サイトも、日本の医薬品が購入出来るのではなく、海外の薬が結構安易に購入出来てしまうサイトです。

インターネットはこういう感じで海外と直接的になっているのです。

そして、よくインターネットの薬通販サイト見れば非常に価格もお手ごろではありませんか。

やっぱりみなさん一度そういう通販サイトを見付ければ惹かれてしまうことでしょう。

日本で販売されているものと同じ成分のものが名前変えて販売されていたりします。

なんでこんな感じに、市販薬と圧倒的な差が生まれているのでしょうか??

それは(医薬品=海外医薬品)の多くがジェネリック薬であり、このジェネリック医薬品だから不可能なことが可能に流通しているのです。

元々ジェネリック医薬品とは、既に先発医薬品の特許が切れたものに対して、他のメーカーが違う独自製造方法によって作ったものです。
先発医薬品にはかつて非常に研究コストなどかかっていた訳ですから、医薬品も高価でなければ回収出来ない訳です。

このように、ジェネリック医薬品はその分引き算出来るので、かなり安価で提供出来ます。

しかしながら、ジェネリック医薬品はちょっと私達の妥協しなければならない点もあるようです。

質には非常に満足出来ても、ちょっとパッケージは・・・という人たちも多くいます。

おまけに英文なので、そのあたりが日本人には全然優しくありません。

英文なので、しっかりこの医薬品の成分だって理解出来ない可能性もありますし。

個人輸入なので面倒くささとともに結構時間かかったりしますよ。

時には輸送過程で箱が潰れているということもあるかもしれないですよ。